弁護士費用

弁護士費用っていったい何?

弁護士に依頼するときの費用には、弁護士報酬実費の2種類があります。

弁護士報酬 着手金、報酬金、手数料、法律相談料など
実費 収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金、供託金など

弁護士報酬

主なものとして、次のとおり、着手金・報酬金・手数料があります。このほかに、法律相談料、書面による鑑定料、タイムチャージ、日当、顧問料などがあります。

着手金 弁護士が事件を受任する際にお支払いいただくものです。この着手金については、事件の成功・不成功にかかわらずお返しすることはできません。依頼者が相手方に請求する(または相手方より請求されている)経済的利益の額を基準としますが、最低額は10万円(税別)となります。
報酬金 事件が終了して何らかの結果が出た場合にお支払いいただくもので、いわゆる成功報酬です。成功の程度に応じて金額は増減します。
手数料 契約書作成、遺言書作成、遺言執行など、1回程度の手続で事件が終わる場合には、手数料をいただきます。別途報酬金を請求することはありません。

実費

収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通費、通信費、保証金、供託金などです。
これらは、弁護士への依頼内容によって必要となることがあります。